ithacaindy.org

Just another WordPress site - 白髪染めで一工夫をすることでより効果的に染まる

白髪染めで一工夫をすることでより効果的に染まる

あなたは白髪染めを行う時にはきっと説明書通り行ったり、初めてでない人はきっと今までの自分のやり方で染めるのではないでしょうか。しかし、その時に少しでも一工夫を入れることであなたのその髪の毛はできるだけ痛まず、より色が抜けにくくすることなどができるのです。あなたはそのような工夫を普段の白髪染めで行っていますか?そこで今回はそんな白髪染めの時にちょっとした一工夫をするだけで、あなたの白髪染めの効果が倍増する方法について紹介していきましょう。

とにかく暖かいところで保湿をしながら行う

誰もが一度は経験したことがあると思いますが、冬場に自宅で髪を染めた時にはうまく髪に色が入らず、なぜだろう?と思ったことがある人も置いのではないでしょうか。それは実は温度が関係しており、室温が24度以下のところでは髪に色は入りにくくなります。そのため、温度が暖かい場所で体を温めながらなおかつ保湿もできるお風呂などで行うことでより高い効果を期待することができるのです。さらにお風呂に入って髪を染めている時にはキャップをかぶっていますが、その時にはキャップの上に暖かいお湯で絞ったタオルを置くことでより、頭の中を蒸すことができるので、是非それも試してみてほしいと思います。たったこれだけの簡単な工夫ですが、色の入り方が全然違うのできっとびっくりすることでしょう。

できればやらない方がいいこと

きっとこれまで色々な種類のカラーリング剤を使ってきた人にとって、あの会社とあの貨車の商品をコラボさせればきっといいものになるのではないかと思う人も多いと思います。しかし、実際には他社の商品と混ぜてしまうと髪の色が緑になってしまうことがあるんです。一度これをやってしまうと何度染め直しても色がうまく入らず緑色になってしまうのです。そのため、他社のものを使う時に混ぜたり、短い期間で使うのではなく、できるだけ期間をあけてから使うようにしましょう。1週間程度では確実はいえないので、最低でも3週間程度はあけるようにすることをお勧めします。

いかがでしたでしょうか。以上が白髪染めをする際に行うと良い工夫と、注意点でした。ぜひあなたも参考にして白髪染めを行ってみてくださいね。もしあなたがこれまで白髪染めをやってもうまく色が入らずに悩んでいたのであれば、きっとこれらの方法で改善されると思います。半信半疑ではあると思いますが、一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。

Copyright(C)2016 www.ithacaindy.org All Rights Reserved.